moku人(もくじん)とは?

スポンサーリンク

moku人(もくじん)とは、アームレスリング好きが集まった同好会(地元のツレ連中)です。

moku人の「moku」とは、木のこと。

木は、年を重ね成長するたびに、年輪を外へ外へと作りながら太く、強く成長して行きます。

もくじん

「moku人」には、細く弱い木(腕)でも、雨や強風(逆境)にも負けず、それを糧にし腐らず、いずれは立派な幹を作ろう。という思いがつまっています。

なぜアームレスリングチームmoku人(もくじん)なのか?

そもそも腕相撲が好きで、昔から学校の休み時間に腕相撲をやったり、社会人になってからはファミレスや、居酒屋なんかでも腕相撲をやっていました。

そんな時に、となり町にアームレスリングのチームがあり、毎週土曜日に駅前でトレーニングをしていると知り、見に行ったのがアームレスリングとの出会いです。

そこには、アームレスラーや、腕っ節に自信のある者、筋トレ好きや、見物客なんかが集まっていて、自分のトレーニングをしながら、アームレスリングの認知度をあげようと寒空の中、駅前にアームレスリング台を持ってきてはやっていました。

そして、何回か通っているときに、知り合いが木材製テーブルの廃材をくれたので、DIYが好きだったこともあり、アームレスリング台を自作しました。

自作アームレスリング台

これで、わざわざとなり町に行かなくともしっかりした台でアームレスリングができるようになりました。

moku人(もくじん)とは十人十色のアームレスリング同好会です。

冒頭で、お話した「moku」の意味。そして、木で出来たアームレスリング台にちなんで、moku人(もくじん)というアームレスリングの同好会が出来ました。

メンバーは現在5人です。

今では時間のある時を見つけ、私の家でアームレスリングをやっています。

moku人(もくじん)
スポンサーリンク
adpc用
adpc用

シェアする

フォローする