浴衣を買う前の【 身長と寸法 】チェック

洋服にもサイズがあるように、着物にも寸法というものがあります。

通常、反物の状態で生地から仕立てあげる事を基本としますが、最近では着物にも洗える着物が数多くでており、浴衣となれば、ほぼ既製品と言ってもよいくらいではないでしょうか。

最近は浴衣にもS、M、Lと表示されており、身長何センチからという記述がされております。

ですが、男性の寸法は身丈を測ってから出ないと、頭の大きさや、首の長さによって多少のズレがしょうじてしまいます。

そこで今回、浴衣をメインに紹介しているので、ポイントとなる事を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
adpc用

寸法とは?僕のぴったりサイズ

はじめに体にぴったりしたサイズを求めるのであれば一度呉服屋さんに行き、測ってもらうことをお勧めします。

着物を仕立てるのに必要な寸法は何箇所かありますが、今回浴衣を買う場合に最低限知っておいたほうがよいであろうポイントを紹介します。

着物、浴衣の寸法

目次へ

身丈みたけ着丈きたけ

男性の場合は、オハショリがないので首の付け根(グリグリ)より床まで。しかし、浴衣の場合は夏物なので涼しげに着るのがポイントです。

実際に着物を着た際には、肩や胸・腹・尻の膨らみにより、表示されている身丈よりも1~3センチ短くなりますので、くるぶしが隠れる程度の場所で測り、着た際にくるぶしにかかるぐらいの長さを想定しておきましょう。

目次へ

ゆき

気をつけの姿勢になり、そのまま腕を真横に45度上げた状態で、首の付け根(グリグリ)より肩で一度止め手首のくるぶしまで。

裄もくるぶしよりも1~2センチ短いぐらいでも大丈夫です。逆に長すぎるのは暑苦しく、かっこ悪くなってしまいます。

目次へ

身幅みはば

胸、腰、尻周りのうち大きい場所から測りますが、既製品では標準体型を基準にしていますす。

痩せている方は腰にタオルを巻いていただいたりしないといけません。

大柄な方は少々なら我慢していただくか、大きい幅の反物から作りましょう。その方が後々面倒なことにはならないと思います。

どのサイズにしようか不安に思われる方はいちど呉服屋さんに行きましょう。

ほとんどのお店で試着させてもらえたり、サイズを測ってもらうことが出来るはずです。

目次へ

尺貫法しゃっかんほう

着物を測るさい、尺貫法しゃっかんほうという単位を使います。

今となってはあまり馴染みのない言葉になってしまい、初めて耳にされる方もいるのではないでしょうか?

尺貫法は、鯨尺くじらじゃく曲尺かねじゃくの2種類あり、着物は鯨尺を使います。

曲尺は、主に建築業界で使われ、特に大工さんがよく使われていますので間違わないよう注意しましょう。

鯨尺と曲尺の違い

目次へ

しゃくとセンチ・単位

最近では、出来上がりの着物(浴衣)でセンチ表記のものがありますが、着物の仕立てはこの尺貫法で行われるため、尺貫法がわかっていると仕立てで失敗されることもないと思われます。

鯨尺くじらじゃく 曲尺かねじゃく
しゃく 約37.87cm 約30.30cm
すん 約3.78cm 約3.03cm
約0.37cm 約0.30cm

目次へ

cmからの計算例

150cm÷37.87cm=3.960…(3尺9寸6分)

160cm÷37.87cm=4.224…(4尺2寸2分)

170cm÷37.87cm=4.499…(4尺5寸)

目次へ

寸からの計算例

(4尺5寸)4.5×37.87cm=170.415cm

(3尺5寸)3.5×37.87cm=132.545cm

上記しましたが、
男性と女性の寸法の取り方は違うので気をつけましょう。

スポンサーリンク
adpc用
adpc用

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>